ブラックアウト / Black Out

2014年6月にシャルルゼミ有志による月例企画『放課後メディアアート』にて行われたパフォーマンス作品。

ー電話がかかるー
一人はサイコロを振る。
一人は出た目の回数分だけ髪を切る。
一人はサイコロの出た目にあわせた行為をする。
1、電話に出る。2、トライアングルを鳴らす。3、木琴を叩く。4、電球をつける、消す。5、シンバルを叩く。6、カルピスを飲む。
切った髪は、トレース台に乗せて行く。トレース台の様子が背景の壁にプロジェクションされている為、パフォーマンスが進むにつれて部屋は少しずつ暗くなってゆく。

パフォーマー:平本瑞季、清原惟、青木悠里
音楽:清原惟

back to works